豊中市議会議員大野たえ子*ほっと通信

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと教えて!ニュース早分かり*

自賠責保険料の引き下げについて

政府は1月18日に開かれた自動車損害賠償責任保険(自賠責)審議会で今年4月1日から自賠責保険料を、普通自動車9260円(29・2%)、自動二輪(250cc超)7370円(35・5%)営業用トラック(2トン超)2万3880円(32・7%)など、平均で24・1%引き下げることを決めました。
自賠責保険料の引き下げは1997年以来11年ぶり。過去20年で最も低かった97年の引き下げ時の水準より、普通自動車で5000円超も下回ることになります。
自賠責保険とは?1955年に制定された自賠責法に基づき全ての自動車・バイクに加入が義務づけられている対人事故向けの強制加入保険で、最高4000万円の保険金が支払われます。
2002年度の制度改正で保険料が大幅に引き上げられた際、廃止された自賠責政府再保険の累積運用益を交付金として活用し、02年度から07年度まで激変緩和措置として契約者の負担額が本来の保険料より低く抑えられてきましたが05年度から交付金の支給額が段階的に引き下げられ08年度からはそれも廃止になります。
一方で近年の交通事故死者の減少により保険金支払いが想定を約2割下回っていることや資産運用が好調であることなどから保険料についての割高感を訴える声が大きくなり自賠責保険料引き下げを求める声が上がっています。
※こうした声をうけ公明党の北側一雄幹事長は、昨年12月25日に開かれた原油高騰・下請中小企業に関する緊急対策関係閣僚会議において、原油高騰対策における自動車の一般ユーザーに対する負担軽減の一環として「自賠責保険料の引き下げを検討すべきだ」と主張し、関係省庁と折衝を重ねてきました。
今回の保険料引き下げは、公明党のそうした取り組みが反映されたものです。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

大野妙子

Author:大野妙子
輝く女性! 聞きます・やります・動きます!

今、少子化、教育の問題は最も大切な課題です。
安心して子どもを産み育てていける子育て世代への支援をはじめ、未来を担う子どもたちの笑顔が輝く、人間性豊かな教育環境づくりに向け、全力で取り組んで参ります。
女性の視点で、「人が輝く」そして「地域が輝く」活力ある地域社会を目指して、全力で頑張ります!

【経歴】
昭和37年7月 兵庫生まれ
昭和56年3月 兵庫県立佐用高等学校卒
昭和58年3月 御影保育専門学院卒
平成19年4月 豊中市議会議員 初当選 

最近の記事

右サイドメニュー

ブログ内検索

天気予報

カウンター

ご訪問ありがとうございます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。