豊中市議会議員大野たえ子*ほっと通信

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

衆議院本会議で、古屋さん強調


名前は「子ども手当」法案だが
公明新聞:2010年2月24日

実態は児童手当の拡充
11年度以降 制度設計、財源が不明確
衆院本会議で古屋さん強調
質問する古屋さん=23日 衆院本会議


 中学卒業までの子ども1人当たり月1万3000円を支給する2010年度の子ども手当法案は23日の衆院本会議で、趣旨説明と質疑が行われ、審議入りした。公明党から古屋範子さんが質問に立った。

 民主党がマニフェスト(政権公約)で掲げた主要施策の関連法案が審議されるのは初めて。

 古屋さんは、10年度の支給に限った子ども手当法案について、恒久的な制度設計を先送りにしたことなどを踏まえ「あえて単年度の暫定措置として本法案を提出したことに緊急性、必要性があるのか」と追及した。

 また、民主党がこれまで、4度にわたる児童手当の拡充法案を“ばらまき”などと批判し、すべて反対した経緯を説明。その上で、10年度の子ども手当が児童手当法に基づく給付に上乗せして支給されることから、「実態としては児童手当制度の拡充」と指摘し、「これまでの民主党の対応が誤りであったと、国民に対し説明すべきだ」と主張した。

 長妻昭厚生労働相は、民主党の対応について、児童手当の給付内容が不十分などの理由を挙げながらも、「子ども手当と児童手当は、子どもの健全育成を社会全体で支援する面では共通する」と答えた。

 11年度以降の子ども手当について古屋さんは、「支給額や費用負担の在り方など、全く方向性が示されていない」と批判。仮に満額(1人当たり2万6000円)支給する場合、5兆5000億円の巨額財源が必要であることから、確かな安定財源を示すよう求めた。長妻厚労相は、「11年度予算編成過程において結論を得たい」と述べるにとどまった。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

大野妙子

Author:大野妙子
輝く女性! 聞きます・やります・動きます!

今、少子化、教育の問題は最も大切な課題です。
安心して子どもを産み育てていける子育て世代への支援をはじめ、未来を担う子どもたちの笑顔が輝く、人間性豊かな教育環境づくりに向け、全力で取り組んで参ります。
女性の視点で、「人が輝く」そして「地域が輝く」活力ある地域社会を目指して、全力で頑張ります!

【経歴】
昭和37年7月 兵庫生まれ
昭和56年3月 兵庫県立佐用高等学校卒
昭和58年3月 御影保育専門学院卒
平成19年4月 豊中市議会議員 初当選 

最近の記事

右サイドメニュー

ブログ内検索

天気予報

カウンター

ご訪問ありがとうございます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。