豊中市議会議員大野たえ子*ほっと通信

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

通常国会・衆議院本会議!


国民に説明、信義ない政権
公明新聞:2010年1月20日

通常国会の論戦スタート
政治とカネ 民主は自浄能力示せ
暫定税率維持など 政権公約違反が明白
雇用・仕事を作る対策急げ
衆院代表質問で斉藤政調会長
代表質問に立つ斉藤政調会長=19日 衆院本会議


総点検もとに介護基盤の整備迫る
第2次補正予算 生活守るため早期成立が必要

 国会は19日、衆院本会議を開き、菅直人財務相の財政演説に対する各党代表質問を行った。公明党の斉藤鉄夫政務調査会長は、鳩山由紀夫首相の政治姿勢について「政治とカネ」の問題やマニフェスト(政権公約)違反などを追及。厳しい雇用や地方経済の現状に触れ、打開策を講じるよう求めた。また、公明党が実施した介護総点検に基づく現場の声を紹介し、抜本的な介護基盤の充実を訴えた。

斉藤氏の質問要旨

【首相の政治姿勢】

 「政治とカネ」の問題で斉藤政調会長は献金偽装事件について鳩山首相本人が説明責任を果たすよう要求。元秘書が逮捕された小沢一郎民主党幹事長に関しても「首相が幹事長職の留任を容認した以上、説明責任が生じる」と述べるとともに、「所属政党の民主党が真相究明にあたり自浄能力の発揮を」と訴えた。

 一方、会計責任者が不正行為を働いた場合、監督責任のある議員の公民権を停止する公明党提案の政治資金規正法改正案について「首相は昨年の衆院選時の党首討論で賛意を示していた」とし、法案成立へ協力を呼び掛けた。

 これに対し、首相は「各党各会派で議論してほしい」と述べるにとどまった。

 また、斉藤政調会長は民主党が掲げたマニフェストの目玉政策について言及。廃止方針だったガソリン税の暫定税率について「今回、廃止ではなく、実質的に維持された。(廃止をめぐる国会の)混乱は一体何だったのか」とし、国民への信義を欠いた姿勢をただした。

 さらに、普天間飛行場移設など重要課題をめぐる政府の対応について「閣僚が内閣としての統制もなく、好き勝手に発言し、首相の存在感すら見えず、予算編成、税制改正論議は迷走を続けた」と、リーダーシップなき首相の姿勢を批判した。

【経済財政運営】

 斉藤政調会長は、現下の経済情勢について、「鳩山内閣による(今年度)第1次補正予算の執行停止の影響やデフレの進行により、景気の『二番底』の懸念は消えず、重大な局面にかかっている」との認識を表明。

 特に雇用情勢について、「新卒者の内定率が昨年12月時点で、大学新卒者73.1%、高校新卒者68.1%と、かつての“就職氷河期”に匹敵する非常事態を迎えている」と指摘。中小・零細企業経営者からは“仕事がない”とのあきらめにも似た声が上がっているとして、「雇用を作る」「仕事を作る」ことこそ「政府として最重要で取り組むべき経済対策の視点だ」と訴えた。

 首相は、「新成長戦略を策定して、新たな雇用と需要を拡大していく施策を推進していく。これによって雇用が内需拡大をもたらし、それが経済成長を通じて雇用を支えるという循環を実現していきたい」と答えた。

 また、斉藤政調会長は公共事業削減の常態化による地方経済への影響に懸念を示し、「単に削減するだけでなく、具体的な成長戦略を早急に示すべきではないか」と指摘。

 さらに、今年度第2次補正予算案にエコポイント事業など前政権の対策が盛り込まれていることに言及し、「なぜもっと早く編成し、実施に移そうとしなかったのか。政府のスピード感の欠如は否定できない」と批判した。

 その上で、第2次補正予算案については「内容は『問題点なし』とはしないが、国民生活を守るという、わが党の基本的な考え方に立てば早期成立を図るべきだと私は考えている」と述べた。

【介護問題】

 斉藤政調会長は、公明党が展開した「介護総点検」で、何年待っても施設に入れない特養ホームの待機者問題、悪戦苦闘しながら老老介護を行う年配夫婦の実態、結婚をあきらめて両親の介護に踏んばる女性の姿など、「“介護現場の悲鳴”を全国で集約できた」と紹介。

 その上で、介護保険制度の問題点として、(1)施設が圧倒的に足りない(2)在宅介護の不安を解消できていない(3)働く人が将来の展望を持てない――などを挙げ、「高齢者が安心して暮らせる抜本的な介護基盤の整備にどう取り組むのか」として、政府の対応を迫った。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

大野妙子

Author:大野妙子
輝く女性! 聞きます・やります・動きます!

今、少子化、教育の問題は最も大切な課題です。
安心して子どもを産み育てていける子育て世代への支援をはじめ、未来を担う子どもたちの笑顔が輝く、人間性豊かな教育環境づくりに向け、全力で取り組んで参ります。
女性の視点で、「人が輝く」そして「地域が輝く」活力ある地域社会を目指して、全力で頑張ります!

【経歴】
昭和37年7月 兵庫生まれ
昭和56年3月 兵庫県立佐用高等学校卒
昭和58年3月 御影保育専門学院卒
平成19年4月 豊中市議会議員 初当選 

最近の記事

右サイドメニュー

ブログ内検索

天気予報

カウンター

ご訪問ありがとうございます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。