豊中市議会議員大野たえ子*ほっと通信

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いちばん近くで動く、働く。


いちばん近くで動く、働く。
公明新聞:2010年1月1日

新ビジョン 「人道の先進国」日本へ
就職活動中の学生たちの声に真剣に耳を傾ける山口代表(中央)と浜四津敏子代表代行(右から2人目)、谷あい正明青年委員長(右端) 東京・渋谷区


 新年おめでとうございます。公明党代表の山口那津男です。公明党は、新たな将来ビジョンとして「新しい福祉・教育・平和をつくる公明党-『人道の先進国』日本へ」(山口ビジョン)を掲げ、新出発しました。「大衆とともに」の立党精神のもと3000人超の議員が一丸となり、夏の参院選勝利へ、動き、働き、全力で戦い抜いてまいります。

福祉の党
地域で支える「協働型福祉社会」へ

 日本は今、世界に類例のない速さで高齢化と人口減少が進んでいます。この文明的な課題に立ち向かい、「安心の日本」の進路を開くため、新ビジョンで私は、“3つの挑戦”を掲げました。

 その第一は、日本社会を中央集権型から地方主権型に組み替え、「自助・共助・公助」が調和した、地域で分かち合い支え合う「協働型福祉社会」の構築です。

 年金や医療、介護、子育ての各分野でセーフティーネット(安全網)を拡充し、貧困層や無年金の方々も人間らしい生活ができるよう、“最低限の給付水準”が保障される仕組みづくりを進めます。

教育の党
「子どもの幸福」を最優先する国に

 その第二は、「『子どもの幸福』を最優先する国」づくりです。

 教育の危機は未来の危機です。子どもたちの個性や能力、創造性、人を思いやる心を育むことを最優先する「教育のために行動する社会」をめざします。

 「教育者の育成」「少人数指導制」など、学校教育環境の改善に全力を挙げます。また、経済的理由で十分な教育を受けられないことがないよう、「給付型奨学金」の創設や幼児教育の無償化、さらに生涯教育の充実にも取り組みます。

平和の党
核廃絶、平和、環境で世界に貢献

 第三の挑戦は、人間の幸せの追求に最大の価値を置く「人道の先進国」へ、「核廃絶、平和、環境で世界に貢献する国」をめざすことです。

 公明党は、貧困や飢餓、紛争、環境破壊や感染症、麻薬などの脅威から人間の生命と生存を守る「人間の安全保障」を基本理念に掲げる平和の党です。

 最重要の課題として、唯一の被爆国・日本が世界各国の「核兵器禁止条約」締結をリードしていきたい。

 また、地球温暖化問題でも、温室効果ガス「2020年、25%削減」の目標を掲げ、日本の環境技術・人材の“輸出”などで低炭素社会の実現をめざします。

 今後、新ビジョンに基づき、具体的な政策を提案してまいりますので、ご支援をお願い申し上げます。

学生の就活実態も「総点検」

 「就職活動が早期化し、勉強の負担になっている」「内定率が下がり就職できるか不安」――就職活動中の学生たちの声に真剣に耳を傾ける山口代表(中央)と浜四津敏子代表代行(右から2人目)、谷あい正明青年委員長(右端)。山口代表らは「若い皆さんが希望を持って生きられる社会を必ず築きます」と決意を新たにした(東京・渋谷区)。

公明党に期待します

女性、青年に光を当てたビジョン
作家・元東京都副知事 青山 佾氏

 もともと公明党は、福祉の党です。難病対策や高齢者福祉、さらには住宅政策や少子化対策、近年は貧困問題と、いつも先頭に立って取り組む姿を私たちは見ています。

 福祉と平和は一体です。世の中が平和でなければ福祉は実現できません。そのことを真っ正面から宣言した新しいビジョンに期待します。

 地球温暖化対策でも、産業を維持発展させながら、日本の優れた環境技術を世界に広めて地球環境に貢献しようとする積極的な姿勢に賛成です。

 女性と青年に光を当てたのも、福祉と平和を推進するために大切です。女性、青年の活躍の場を広げることは社会をいい方向に導くと思います。

実践に裏打ちされた構想に共感
教育評論家・児童文学作家 漆原 智良氏

 真の優しい政治とは、「人の痛みをどれだけ共有できるか」で決まります。公明党はこれまで、私の悩みや願いにも即座に対応し、「無人島で繁殖しすぎた野ヤギの保護と植生の回復」「子ども読書活動の推進」など、次々に開花させてくれました。「山口ビジョン」を読み、共感を覚えたのも、そうした誠実で清廉な実践に裏打ちされたものだからでしょう。

 ビジョンは、「子どもこそ主役」とし、個性や能力、思いやりの心を育む「教育のために行動する社会」をめざしています。真の幸福とは内的充実感を満たすこと。公明党には、柔らかな感性とエネルギーで行動してくれることを期待します。

Comment

教育欄に 

はじめまして。漆原智良です。新春第1号に私の「コメント」を掲載いただき有難うございました。今朝の新聞(1月4日)の「教育欄」に「親子のふれあい」を執筆いたしました。ご活用いただければ幸いです。こじま先生も紹介してくださいました。豊中市の活動を本部に伝えます。

Re: 教育欄に 

はじめまして、漆原智良先生。大野妙子で御座います。早速のコメントを有難う御座います。私も、先輩である豊中市議会議員の児島議員より漆原先生の事をお聞きし早速、記事を読ませて頂きました。「愛を得た子は安心して己の才覚を伸ばす」との言葉は非常に感銘を受けました。また何でも話し合える場づくりをは、我が家がいつも心がけていることでもあります。毎年新年を全員で迎え、その後一人ひとりが「今年の目標」を皆の前で、決意することが我が家の恒例になっています。子供たちは、今年長男が23歳、長女が17歳になります。言われるよう「子育てに失敗した」と私も反省することが、たびたびありますが、その子の「個性」だと受け止め何事も前向きにとらえています。もう少し早く漆原先生に出会えていたら・・・とまた違った「子育て」が出来たかもと後悔しておりますが、
ともあれ、これを機会にまたいろいろと、アドバイスを下さい。宜しくお願い致します。
  • posted by 大野妙子 
  • URL 
  • 2010.01/05 10:16分 
  • [Edit]

お役に立てばと…。 

 激励のメールを有難うございました。つねに私の「作品・記事」に注目していてくださること、児島政俊さんからお伺いしました。
 私は、浜四津さん、池坊さん、松さんと「読書推進運動」を行い、各地を巡りました。本日大野さんに本を送りました。ヤングミセス、婦人部の会合でお役に立てば幸いです。ささやかなお年玉です。住所が分からないので、児島さん宛に同封しましたので受け取ってください。
 私のHPからお返事いただければ結構です。いつの日か、豊中市の講演会などでお会いいたしましょう。

Re: お役に立てばと…。 

>  早速のコメント有難う御座います。本日は年賀会等でばたばたしておりましてまた改めてHPにお返事させて頂きます。児島議員と漆原先生の話題でいつも、盛り上がっております。お年玉楽しみにしております。
  • posted by 大野妙子 
  • URL 
  • 2010.01/06 12:45分 
  • [Edit]

NoTitle 

漆原先生へ
著「子どもの心がかがやくとき」を頂き本当にありがとうございます。早速いま読ませて頂いております。またお手紙も頂戴し心から感謝申し上げます。
  • posted by 大野妙子 
  • URL 
  • 2010.01/10 15:55分 
  • [Edit]

フアン 

 何か私の本の愛読者フアンが増えたようで嬉しくなりました。ありがとうございました。
 1月8日に山口なつおさん、太田明宏さん、鰐淵洋子さん、高木陽介さんたちとお会いして楽しいひと時を過ごしました。  その後すぐに山形県浜田ひろすけ記念館へ出張。只今帰宅してメールを拝見しました。今週は、佐賀と岡山での児童文学講座に出かけます。ご自愛ください。

「子どもの心がかがやくとき」読ませて頂きました。 

漆原先生「子どものこころがかがやくとき」を、いっきに読ませて頂きました。先生の幼少の頃のお話は大変興味深く読ませて頂きました。お母様・お父様との早い時期でのお別れでさぞご苦労をなされたと推察されます。また、立松和平さんとご縁の部分には、私もびっくりしながら読ませて頂きました。
我が家の娘も今幼稚園教諭をめざしていまして、先生の本の中に、さまざま参考になる絵本も紹介して頂いておりまして、早速娘にも、紹介させて頂いた次第です。本当に最高の「お年玉」を有難う御座いました。
  • posted by 大野妙子 
  • URL 
  • 2010.01/15 13:28分 
  • [Edit]

目標に向かって 

 早速に拙書「子どもの心がかがやくくとき」をお読みいただき有難うございました。お嬢様が幼稚園教諭をめざしておられるとのこと。目標に向かって前進しましょう。いつの日にか豊中市で「私と立松和平のトークショー」でも実現できるといいですね。がんばってください。

Re: 目標に向かって 

漆原先生へ。作家の立松和平さんの訃報に接し心からご冥福をお祈りいたします。本当に残念でなりません。いつの日か、豊中市で先生と立松和平さんのトークショーとのお話が・・・本当にショックです。
  • posted by 大野妙子 
  • URL 
  • 2010.02/09 14:55分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

大野妙子

Author:大野妙子
輝く女性! 聞きます・やります・動きます!

今、少子化、教育の問題は最も大切な課題です。
安心して子どもを産み育てていける子育て世代への支援をはじめ、未来を担う子どもたちの笑顔が輝く、人間性豊かな教育環境づくりに向け、全力で取り組んで参ります。
女性の視点で、「人が輝く」そして「地域が輝く」活力ある地域社会を目指して、全力で頑張ります!

【経歴】
昭和37年7月 兵庫生まれ
昭和56年3月 兵庫県立佐用高等学校卒
昭和58年3月 御影保育専門学院卒
平成19年4月 豊中市議会議員 初当選 

最近の記事

右サイドメニュー

ブログ内検索

天気予報

カウンター

ご訪問ありがとうございます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。