豊中市議会議員大野たえ子*ほっと通信

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山口代表ルース大使と会談!


核廃絶へ勢い失わずに ルース大使
青年世代のうねり重要 山口代表
ルース大使(中央右)との会談に臨む山口代表(同左)と(左から)遠藤、井上、上田、西田の各氏=20日 公明党新館


 公明党の山口那津男代表は20日、東京都新宿区の公明党新館で、米国のジョン・V・ルース駐日大使、韓国の権哲賢駐日大使とそれぞれ会談した。

 会談の席上、山口代表はルース大使の党訪問を歓迎し、「日本、公明党にとって、日米関係は重要な2国間関係であることは揺るぎない。関係の緊密強化に取り組みたい」とあいさつ。同大使も着任して2カ月間の経験も踏まえ、「さらなる日米関係の強化に尽力したい」と応じた。

 さらに、山口代表は、「日米間のこれまでの約束を基本的に尊重する」と改めて公明党の姿勢を示した上で、「地球温暖化防止などの環境問題で、国際社会の合意形成に米国の役割は重要だ」との認識を表明。

 ルース大使は「新政権とオープンで緊密なコミュニケーションを取っていくのと同様に、すべての政党ともオープンで緊密なコミュニケーションを取りたい。公明党は国会の大切なメンバーだ」と述べるとともに、「これまでの日米合意に立脚した日米同盟の強さを維持することも大事だ」と強調した。

 また、オバマ大統領が表明した「核のない世界」に向けても意見交換。山口代表は、同大統領のノーベル平和賞受賞に祝辞を述べるとともに、核廃絶へ「青年世代がうねりをつくっていくことが重要だ」と力説。ルース大使も同調し、「大統領も言った通り、一夜にして実現するものではない。大きな方向へ勢いを失わず進んでいきたい」と述べた。

 その上で、山口代表は、オバマ大統領の広島、長崎訪問が「この問題での日米協力の大きな足掛かりになる」との期待感を表明。これに対しルース大使は、大統領の被爆地訪問は「個人的判断」とした上で、大使自らが広島を訪問した経験を大統領に伝える考えを示し、「大統領は真剣に受け止めてくれると思う」と述べた。

 会談には井上義久幹事長、遠藤乙彦国際委員長、上田勇同副委員長、西田実仁広報局長が同席した。

地方選挙権付与に努力 山口代表
公明党のリードに感謝 権大使

 韓国の権大使は冒頭、「真実の人間主義に立脚した公明党の福祉政策などについて、国民が理解し、党が再建されることを確信している」と述べ、山口代表の就任を祝福した。

 会談では、長年の懸案である永住外国人の地方選挙権問題について意見交換。権大使は、公明党が独自に法案を国会提出し、議論をリードしてきたことについて、「李明博大統領をはじめ、大変に感謝している」と述べるとともに、「(法案の)現実化が平和と人道の連帯を訴える公明党の考えに沿うものであり、問題の解決を望んでいる」と力説した。

 山口代表は、衆院解散で廃案になった永住外国人への地方選挙権付与法案を、臨時国会で改めて独自提出する方針を伝え、「多くの国会議員の賛同を得るよう努力する」と強調。

 鳩山由紀夫首相が訪韓した際、参政権問題に前向きな考えを表明したことを「大きな一歩」と期待感を表し、法案成立へさらに尽力する考えを示した。

 このほか、山口代表は日韓関係の深化へ、政党間交流を深めていきたいとの意向を伝え、権大使は「政権が変わっても、韓国と公明党が、深い親密な関係であることを望んでいる」と語った。

 会談には井上幹事長、草川昭三副代表、西田広報局長が同席した。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

大野妙子

Author:大野妙子
輝く女性! 聞きます・やります・動きます!

今、少子化、教育の問題は最も大切な課題です。
安心して子どもを産み育てていける子育て世代への支援をはじめ、未来を担う子どもたちの笑顔が輝く、人間性豊かな教育環境づくりに向け、全力で取り組んで参ります。
女性の視点で、「人が輝く」そして「地域が輝く」活力ある地域社会を目指して、全力で頑張ります!

【経歴】
昭和37年7月 兵庫生まれ
昭和56年3月 兵庫県立佐用高等学校卒
昭和58年3月 御影保育専門学院卒
平成19年4月 豊中市議会議員 初当選 

最近の記事

右サイドメニュー

ブログ内検索

天気予報

カウンター

ご訪問ありがとうございます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。