豊中市議会議員大野たえ子*ほっと通信

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

命を守る公明党!

公明党マニフェスト’09 こう語ろう
公明新聞:2009年7月30日

命を守る政治

高齢、難病患者の負担軽減

 1カ月当たりの医療費の窓口負担に対し、上限を設定する「高額療養費制度」を見直し、自己負担限度額を引き下げ、患者の負担軽減を図ります。

 例えば、難病については、45疾患に加え公明党の推進により新たに11疾患で予算措置され、さらに6疾患を支援する予算も確保しています。

 しかし、それ以外の患者や慢性的な疾患を持つ人、がんで長期療養が必要な人などは高額な医療費がかかります。特に高齢者で所得が低い人などの負担が過大です。

 公明党はこうした人たちの生活を守るとともに、安心の医療の実現をめざします。

介護施設、サービスの拡充

 介護の不安解消をめざし、介護施設の拡充やサービスの充実、介護人材の育成に取り組みます。

 具体的には特別養護老人ホームなどに16万人分のベッド数を確保します。

 また、地域の公営住宅、学校の校舎などを活用し、医療・介護・生活支援などを備えた「多機能支援センター」の設置を進め、病気や寝たきりになっても、地域の中で生活できる支援態勢を整備します。

 さらに、介護従事者が安心して働ける雇用環境を築くため、賃金の引き上げやキャリアアップ(資格や能力の向上)支援を進め、処遇改善を推進していきます。

低所得者に加算年金創設

 低年金の高齢者を支援するために、低所得者(単身世帯で年収160万円未満、それ以外は200万円未満)に対して、基礎年金の加算制度を創設します。これにより、現在、満額で6万6000円の国民年金を8万3000円に引き上げます。

 また、無年金者の発生を抑えるために、年金の受給資格期間を現行の25年から10年に短縮するとともに、年金を受け取ることのできる人を増やすため、保険料の事後納付期間を2年から5年に延長します。

 引き続き、年金記録問題の早期解決に取り組みます。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

大野妙子

Author:大野妙子
輝く女性! 聞きます・やります・動きます!

今、少子化、教育の問題は最も大切な課題です。
安心して子どもを産み育てていける子育て世代への支援をはじめ、未来を担う子どもたちの笑顔が輝く、人間性豊かな教育環境づくりに向け、全力で取り組んで参ります。
女性の視点で、「人が輝く」そして「地域が輝く」活力ある地域社会を目指して、全力で頑張ります!

【経歴】
昭和37年7月 兵庫生まれ
昭和56年3月 兵庫県立佐用高等学校卒
昭和58年3月 御影保育専門学院卒
平成19年4月 豊中市議会議員 初当選 

最近の記事

右サイドメニュー

ブログ内検索

天気予報

カウンター

ご訪問ありがとうございます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。