豊中市議会議員大野たえ子*ほっと通信

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

定額給付金・ここがポイント!

家計を支援する定額給付金の実施を盛り込んだ2008年度第2次補正予算案が参議院予算委員会で審議がスタート致しました。
定額給付金は景気悪化と物価高騰に苦しむ国民の生活を支援するとともに、個人消費を喚起し景気をした支えすることが目的です。
財源は新たな借金に頼らず特別会計の準備金をやりくりして捻出しますので、ある意味国の税収を国民に戻す「定額還付金」と言ったほうが分かりやすい。
日本では異常なバラマキのように思われているが、フランスでもオーストラリアでもアメリカでも行っており「給付付き減税」は世界の潮流である。特にアメリカ次期オバマ政権が一人当たり500ドル、約4万5000円、夫婦で9万円の税金を払い戻し納税額が1000ドルを下回る世帯には補助金も支給する方針です。
野党の加え、マスメディアが定額給付金への批判を強めていることについて評論家の田原総一l郎氏は「違和感を抱かざるを得ない」と疑問を投げかけています。「野党やマスメディアが盛んに批判したために、少なからぬ国民が、給付金には胡散臭さを示さないと具合が悪いと思っている」のであると分析。しかし「私が各地で講演して給付金は評判が悪いけど、ホンネは迷惑ではないですよね」と言うと例外なく大きな拍手と笑いで包まれると紹介している。実際に給付金が決まれば「受け取る」と答えた人は84.8%に上がります。今後理解が深まるにつれて、定額給付金への評価が広がっていくのではないでしょうか。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

大野妙子

Author:大野妙子
輝く女性! 聞きます・やります・動きます!

今、少子化、教育の問題は最も大切な課題です。
安心して子どもを産み育てていける子育て世代への支援をはじめ、未来を担う子どもたちの笑顔が輝く、人間性豊かな教育環境づくりに向け、全力で取り組んで参ります。
女性の視点で、「人が輝く」そして「地域が輝く」活力ある地域社会を目指して、全力で頑張ります!

【経歴】
昭和37年7月 兵庫生まれ
昭和56年3月 兵庫県立佐用高等学校卒
昭和58年3月 御影保育専門学院卒
平成19年4月 豊中市議会議員 初当選 

最近の記事

右サイドメニュー

ブログ内検索

天気予報

カウンター

ご訪問ありがとうございます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。